マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/




ナースフル



とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実



ナースフル 詳細はこちら



https://nurseful.jp/




看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





ナースではたらこディップ

キャリアアップを志して転職する看護師も少なくありません。能力を磨いておくことで、高収入を狙うこともできます。
職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に合う職場を探してみることは重要です。
内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。

 

 

他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると不利に働くのかというと、必ずそうだとは言うことができません。
自己PRの方法を工夫すれば、意欲と経験があるといったイメージを持ってもらうことも可能です。
そうは言っても、勤務期間が短過ぎてしまうと、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまう可能性が出てきます。
看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。
前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、負の動機であった場合、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。実態としてはその通りだったとしても真意は胸の内だけでよいので、ポジティブな印象を与える応募動機を表明してください。

 

 

 

看護師が転職を考えるきっかけは、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。

 

 

女の人が多くいる仕事ですし、イライラしやすいこともあり、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。その中には、パワハラ・いじめが転職する動機となってしまう人もいます。

 

つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、体を悪くしてしまうので、早いうちに転職した方が吉です。よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。

 

 

 

加えて、3ヶ月程掛けて細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。

 

気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、次も辞めなければならなくなることもあるので、希望した条件を満たす職場をじっくりと見つけましょう。
ですので、自分の中で条件をクリアにしておきましょう。

 

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志願の根拠です。
どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好感をもってもらえるように表すのはそれほどシンプルなものではありません。

 

 

 

給与アップ、休日が増える等の待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護職の能力をさらに深めたい等、やる気を印象付ける言い方をしたほうが受かりやすいものです。

 

いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。
たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、より良い雇用環境に就くためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、転職情報が多くなる時まで静観することを推奨します。子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、夕方までの時間帯のみ働けたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが良いですよね。子育ての期間だけ看護師を休業するという人もいますが、育児にはお金が必要ですから、看護師の資格を無駄にしない転職先を探したほうが良いでしょう。あと、結婚するときに転職しようとする看護師もかなり多いです。

 

 

パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職する方が良い選択でしょう。いずれ育児をする気であれば、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職をしておくと生活に余裕ができますね。ストレスが蓄積されていると子どもができづらくなってしまうので、要注意です。看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。

 

 

 

看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には載らない場合も珍しくありません。

 

しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、仕事場のカラーといったこともチェックできます。

 

躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきをお願いできる所も少なくありません。看護職の人がジョブチェンジするやり方は、昔とは違って、ウェブを介す方法が大部分となってきました。看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、出費もありませんし、見たい時に、見たい場所で最新オファーを確認することができるのです。職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、たくさんの情報に触れて吟味するのが肝心ですから、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。

 

看護師が転職を考える時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。
しかし、大変な思いをして看護師の資格を取得したわけですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。全然違う職種でも、プラスになるところは少なくありません。

 

 

一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、活かさないと無駄になってしまいます。
看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金をくれるところがあります。

 

 

転職をしてお金を受け取ることができるのはハッピーですよね。

 

しかし、祝い金を受け取るための条件がないことは少ないので、先にチェックしておくようにしましょう。

 

 

 

また、祝い金を出してくれないところの方がその他のサポートが良いこともあります。看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。

 

面接者の評価が良くなければ、どれほど看護専門職は市場で価値が高いとはいえご縁がなかったということにもなるのです。雇用の条件に恵まれているところは志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、気を抜かないで万全を期し自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。

 

場にふさわしい端正な装いで、元気にレスポンスすることを心がけてください。

 

看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件をはっきりさせておきましょう。ナイトナースはできない、充分な休みが欲しい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、個人個人で仕事への要望は異なります。

 

 

 

看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で辛さに耐え続けることはありません。