マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/




ナースフル



とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実



ナースフル 詳細はこちら



https://nurseful.jp/




看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





ナースフル疾患別シリーズ

看護師の転職しようとする動機としては、人間関係のこじれという人がかなりの数います。

 

 

 

女性の多い職場ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。

 

人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする動機となってしまう人もいます。つらい環境で頑張って働こうとしてしまうと、体調を崩しやすくしますから、早いうちに転職した方が吉です。
育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが良いでしょう。

 

 

育児の大変なときのみ看護師をやめるという人も多いですが、育児にはお金が必要ですから、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を見つけられるといいですね。それに、結婚する際に転職を検討する看護師も非常に多くいます。

 

 

 

パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職を考える方がいいと思います。今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職するのが楽ですね。

 

 

イライラしがちだと子どもを授かりにくくなるので、注意するようにしてください。

 

 

 

他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしているとマイナス評価となるのかというと、そうであるとは言い切れません。

 

自己アピールを上手に行えば、経験が多くあり、意欲的であるという印象を持ってもらえるかもしれません。しかし、勤務の期間があまりにも短いと、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまう場合も少なくないでしょう。

 

ナースが仕事を変えよう思うときは、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には記載されていないケースも数多くあります。

 

 

一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。

 

 

言いにくい待遇などの条件のすり合わせを依頼することも可能です。
ナースが仕事を変える時のステップとしては、第一に待遇で何を重視したいのかをリストアップするのがよいでしょう。夜間に働くのは避けたい、休みの日が減るのは困る、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、望む職場環境は人それぞれです。
看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリア開発としておくのが賢明です。

 

以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、マイナス要素をあげてしまうと、相手側の心証を悪くしてしまいます。要因として現にあったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、ポジティブな印象を与える応募動機を告げるようにして下さい。
看護師の人が転職する時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。

 

しかし、大変な思いをして看護師資格を得たのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。違った職種でも、看護師の資格が優遇される仕事は非常に多いです。

 

努力して得た資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。

 

 

看護専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。

 

 

看護職員の価値は市場では依然高いのですが、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、焦らず比較検討するとよいでしょう。とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで経過を見守るのが望ましいです。
キャリアアップを志して転職する看護師も世間にはいます。

 

 

 

スキルを高めることで、収入を増やすことも目指せるでしょう。
職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に合う職場を探してみることは重要です。

 

内科の外来が合うと感じる人もいれば、特養が合うという人も存在するので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。面接担当者に嫌われると、ナースは人手不足といえど残念ながら採用を見送られることもあるのです。良い雇用環境と思われる仕事場は応募者数も多くなりますから、慢心することなく念入りに用意して採用面接に向かうことが大切です。

 

 

クリーンな印象のファッションで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが申込理由です。
どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好感をもってもらえるように表すのはそれほどシンプルなものではありません。高収入、休暇が多いといったそうした好待遇にフォーカスするより、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、前向きな理由付けの方が好まれ、通過しやすいようです。

 

 

 

今の職場に不満があって看護師が転職するときの秘訣は、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。そして、3ヶ月は使ってじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。
先走って次の仕事へ行くと、再びやめることになる場合もあるので、自分の条件に合う職場をしっかりと見つけるようにしましょう。

 

 

 

そのためには、自分の希望をハッキリさせることが重要です。看護師のための転職サイトの中に、お祝い金を受け取れるサイトがあります。

 

転職してお金を受け取れるなんてラッキーですよね。
けれど、お祝い金を受け取るためには条件を満たす必要があることがほとんどですから、チェックを事前にきちんとしておくようにした方がよいでしょう。それから、お祝い金のないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、今はネットサービスを役立てるのがマジョリティと言えるようになってきました。看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、金銭的な負担もなく、時間や場所を問わず気軽に転職情報を確かめられるでしょう。

 

華麗なる転身のためには、多くの情報を比較することがポイントになりますから、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。