マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/




ナースフル



とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実



ナースフル 詳細はこちら



https://nurseful.jp/




看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





ベスト5社看護師求人

看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護職員を望む職場が多い現状でも不合格になる可能性があります。雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことエントリーの数も増えるため、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして面接官の前に立ちましょう。身だしなみを整えきちんとした格好をして、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望理由です。
どういう訳でその勤務場を選んだのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのは容易ではありません。高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが採用条件で選んだと見られるよりは、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、やる気を印象付ける言い方をしたほうが採用に結びつきやすいと思います。

 

 

よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。

 

それに加え、3ヶ月程を使って注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。
急いで転職してしまうと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、自分の条件に合う職場を念入りにチェックしましょう。

 

 

以上から、自らの希望の条件をハッキリさせることが重要です。
自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も少なくありません。能力を磨いておくことで、高収入を狙うこともできます。
看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に合う職場を探すことも大切でしょう。
内科の外来が合うと感じる人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。
看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、働く日の少ない仕事だったりが良いですよね。

 

 

育児に専念する間のみ看護師をやめるという人もかなりいますが、育児にはお金が必要ですから、資格が活用できる転職先を探してみましょう。
看護職員の方が仕事場を変える手段としては、ここ数年、オンラインサービスの使用が過半数を占める勢いです。看護専門のオンライン求人サービス等を役立てるなら、タダの上、時間や場所を問わず気軽に転職情報を確認することができるのです。
よいジョブチェンジを実現するには、様々な角度から調査することが要となりますので、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。看護師が転職しようとする理由は、人間関係のこじれという人がかなりの数います。

 

女性の多い職場ですし、イライラが多くなりがちであり、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。一部には、パワハラやいじめが転職を考える動機となってしまう人もいます。ひどい環境を我慢して働くと、体調不良になりやすいですので、早いうちに転職した方が吉です。看護師として働く人が転職しようとする時、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。

 

 

けれど、一生懸命に看護師資格をゲットしたのですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。かなり異なる職種であっても、有利となる職場は多くあります。
努力して得た資格なのですから、活かさないと無駄になってしまいます。

 

 

看護師の場合でも転職がいくつかあると悪いイメージにつながるかというと、そうとは限りません。

 

 

 

自己PRの方法を工夫すれば、経験が豊かで意欲があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。
とは言っても、勤務の年数がほんのちょっとの場合には、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまう場合も少なくないでしょう。結婚の時に転職をする看護師も非常に多くいます。パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職を選択した方がいいでしょう。いずれ育児をする気であれば、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職するのが楽ですね。

 

ストレスが蓄積されていると妊娠しづらくなるので、要注意です。
看護師のための転職サイトの中に、お祝い金を受け取れるサイトがあります。
転職することでお金をくれるなんてハッピーですよね。
しかし、祝い金を受け取るための条件が大抵はあるため、申し込みの前に確認をしておくようにした方が吉です。

 

それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方が充実のサービスな場合があります。
もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。
看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には紹介されないことが少なくありません。ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、気になる組織風土などが確認できたりします。
こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをしてもらえるケースもみられます。

 

 

 

ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、6月、1月あたりが狙い目です。たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、落ち着いて情報収集するのが安心です。とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで控えるのがよいでしょう。病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、第一に待遇で何を重視したいのかをクリアーにしておくのが大切です。

 

日中だけの勤務がよい、充分な休みが欲しい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、リクエストには個性があります。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で我慢して勤める必要はないのです。ナースが仕事を変えるキッカケとしては、ステップアップと説明するのが良策です。

 

元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、待遇が良くなかったといった、マイナス要素をあげてしまうと、それだけで評価を下げることになりかねません。たとえ本音がそうだとしても真意は胸の内だけでよいので、未来志向であることを印象付ける志望理由を答えられるようにしておいてください。