マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/




ナースフル



とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実



ナースフル 詳細はこちら



https://nurseful.jp/




看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





看護師募集サイトランキング

看護師が転職を考えるきっかけは、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。

 

 

女の人が大半を占める職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。

 

一部には、パワハラやいじめが転職を考える要因となる人もいます。
ひどい環境を我慢して働くと、健康を損ないますから、できるだけ早く転職すべきです。

 

 

 

看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえず明らかにしておきましょう。ナイトナースはできない、プライベートの時間は十分確保したい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、望む職場環境は人それぞれです。
ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、不満がたまるような勤め先で辛さに耐え続けることはありません。

 

 

 

看護師として働く人が転職しようとする時、違った職種に転職を考える人も少なくないです。そうは言っても、頑張って看護師の資格を取得したわけですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。かなり異なる職種であっても、看護師の資格が優遇される仕事は非常に多いです。

 

大変な思いをして取れた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、不利な条件で働いていた等々、負の動機であった場合、それだけで評価を下げることになりかねません。

 

それがいくら事実であろうとストレートに伝えることはないですから、未来志向であることを印象付ける志望理由を告げるようにして下さい。自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も存在します。

 

看護師の能力を向上させることで、高収入を得ることも可能です。職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分が合うと思える職場を検討することは必要でしょう。

 

自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特養が適している人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。

 

 

ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、ここ数年、オンラインサービスの使用が多数派になってきました。

 

ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、出費もありませんし、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報をリサーチすることもできます。転職活動が実を結ぶようにするには、多くの情報を比較することがポイントになりますから、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。
看護師のための転職サイトの中に、お祝い金を受け取れるサイトがあります。

 

 

 

転職をしてお金を受け取ることができるのは得した気分ですよね。

 

 

しかし、祝い金を受け取るための条件を満たす必要があることがほとんどですから、申し込みの前に確認をしておくようにした方が吉です。それから、お祝い金のないところの方が充実のサービスな場合があります。

 

看護師が転職する時のポイントは、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。

 

そして、3ヶ月は使って念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。

 

 

焦った状態で次の仕事に就くと、次も辞めなければならなくなることもあるので、希望した条件を満たす職場を注意深く確認し探すようにしましょう。その事から、自分の希望する条件を分かりやすくしておくことが必要ですね。看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志願の根拠です。

 

どうしてこの仕事場がよいのかを肯定的な雰囲気で表明するのはそれほどシンプルなものではありません。高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますがそうした好待遇にフォーカスするより、ナースとしてスキルアップしたいといった、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが合格へ近づきやすくなります。
看護師の場合でも転職がいくつかあると悪いイメージにつながるかというと、必ずそうだとは言うことができません。

 

 

自己PRのやり方次第では、経験が多くあり、意欲的であるというイメージを持ってもらうことも可能です。しかし、勤務の期間がほんの少しであると、採用後、すぐやめると思ってしまう場合もあるでしょう。

 

 

看護専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。

 

看護職員の価値は市場では依然高いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。

 

とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、転職情報が多くなる時まで静観することを推奨します。

 

 

看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。

 

看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には載らない場合も少なくありません。
一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、気になる組織風土などが確認できたりします。

 

躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきをお願いできる所も少なくありません。ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。面接者の評価が良くなければ、看護職員不足であるにもかかわらず落とされることもあるでしょう。

 

 

雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことエントリーの数も増えるため、緊張感を失わず不足なく対策をたてて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、元気にレスポンスすることを心がけてください。結婚のタイミングで転職してしまう看護師もたくさんいます。

 

パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職する方が良い選択でしょう。今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職するのが楽ですね。ストレスが多くあると子どもができづらくなってしまうので、要注意です。看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが見つかると良いですね。子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もかなりいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探すことを勧めます。